東京都・日野市で馬のマリヤと馬カフェ「マリヤの風」を営む山崎立暎(りえ)さん。住宅街を馬が練り歩く様子は少し不思議な光景です。馬との触れ合い体験や、結婚の記念写真、イベントへの参加など彼女とマリヤの活動は多岐にわたります。

山崎さんが馬と出会ったのは2000年。夫が亡くなってほどなくしてのことでした。たまたま手に入れた乗馬センターのチケットを使って初めて乗馬体験をします。そこで感じた馬の素晴らしさが忘れられませんでした。

その後、パートをして暮らしていたところ、ふと「このままでいいのだろうか」という思いが彼女の頭をよぎります。何か始めたいと思った時にはもう遅いかもしれない、と仕事を辞めて起業を目指す講座に通い始めます。わからないことだらけでのスタートでした。講座の最後はビジネスプランの考案。好きなものをテーマに、との助言で浮かんできたのは「馬」。ホースセラピーの会社を作るという発表で入賞して手に入れたのが、今も彼女と一緒に暮らす馬のマリヤでした。

馬と癒しで新しい人生を歩み始めた山崎さん。常に勉強し続け、馬と人との繋がりの可能性を探り続けています。「どんなに失敗だったと思うことも、長い人生を振り返ってみると、幸せな今がある」と自分の人生について語る彼女の“Life 2.0”とは?