秋は、紅葉や夕日が街を彩る美しい季節。夏が終わり少し落ち着いた時期に大切な人と訪れたい、世界の秋の絶景名所をご紹介。

台湾の九份(きゅうふん)は、ノスタルジックな雰囲気が漂う、山あいの小さな町。細い路地の階段に沿うように所狭しと立ち並ぶ館(やかた)に夕日が差し込む様子が印象的。毎年多くの人が訪れています。

カナダ東部のオンタリオ州からケベック州に続く、約800kmのメープル街道は、秋に圧巻の景色を見せてくれます。カナダ国旗にも描かれているカエデの葉が、赤や黄、オレンジなどに色づき、美しさとともに自然の力強さも感じさせます。

チェコのチェスキー・クルムロフ歴史地区は、中世ルネサンス時代の建築物が多く残る世界文化遺産の街。当時の伝統的なデザインが施された家や、同地区のシンボルであるチェスキー・クルムロフ城に紅葉が彩りを添えます。

他にも、ビルと紅葉の組み合わせが絶妙なアメリカ・ニューヨークのセントラル・パークや、均整のとれた棚田が見られるベトナムのサパ、古都に黄金色の葉が映える様子が美しいオランダのデルフトなど、秋を楽しむことのできる名所が、世界にはたくさんあります。大切な人との旅のために、いまから準備を始めてみては?

画像出典:ピクスタ他