神奈川県・藤沢市で養豚農家を営む宮治勇輔さん。大学を卒業し、一度は人材系の企業に勤めますが、実家の畜産農家を継いで2006年に株式会社みやじ豚を設立しました。

農家の仕事を意識した原体験は大学2年生の時。偶然実家で育てた豚肉が手元にあったので友人を呼んでバーベキューをしたところ、大好評。「この豚肉はどこに行けば買えるの?」と友人に聞かれますが、宮治さんにはわかりませんでした。それは実際にその豚を育てている父も同じ。スーパーに並んでいる肉を見ても自分が育てた豚か、隣の農家が育てた豚かはわからなかったといいます。その後、実家を継いだ彼が、“生産から出荷”で終わるのではなく、“生産からお客さんの口”に届けるところまでを農家が一貫してプロデュースできるようにしたい、という思いを抱いて行動を続ける理由は、こうした経験がもとになっているのかもしれません。

一次産業を“かっこよくて・感動があって・稼げる” 3K産業にする。自身が営む養豚農家だけでなく、業界のイメージや行動をアップデートする活動に挑戦し続ける彼が語る、未来の農家のあり方とは?