家計情報を基に的確なアドバイス ファイナンシャルプランナーとは

「ファイナンシャル・プランナー (Financial Planner)」とは、家計のお金の専門家であり、その専門資格を持った人のことです。略してFP(エフピー)と呼ばれています(※本文でも以下FPとします)。
家計(お金)にかかわる情報を基に、住居、教育、老後等、将来にわたって必要となる家計の資金計画や、準備するための有効な方法等をアドバイスするのが、その仕事となります。家計情報には、「税金、年金、教育資金、住宅ローン、保険、不動産、その他の資産」等が関連するので、それらの総合的な知識を持っている必要があります。ただし、税理士や会計士、弁護士、金融機関等、各分野別の専門家とは異なりますので、FPの場合は「広く浅く」という面があります。

次に、どんな人がFP資格を持っているのかというと、まずは生命保険の販売に携わる人たち。多くの方がこの資格を取得しています。生命保険を提案するにあたり、個々に異なる家計状況を把握し、各家庭に適した保険設計をする上で、FPとしての勉強が必要だからです。その他、銀行や証券会社といったお金に関連する企業に勤務し、顧客にアドバイスをする役目の人たちの多くもFPの資格を取得しています。

中には、より専門性の高い知識を持っていて、メディア等で活躍していたり、多数の原稿記事を書いていたり、マネー講座の講師をしていたり、あるいは有料で相談を受けたりという人たちもいます。こういった方々は、同じFPの中でもかなり高度な専門家です。次項で説明するFP資格の種類でいうと、「FP技能士1級」や「CFP®」の資格を持っているような方が、これに該当します。

ちなみに近年では、仕事上の必要性とは関係なく、「自分でも家計やお金の事を勉強してみたい」と思った人が独自に試験を受けて資格を取るケースも増えています。スクールや通信教育もありますので、興味がある人は資格取得にチャレンジしてみるのも良いでしょう。

ともあれ、ひとくちにFPといっても、その資格には複数の種類があり、またそれぞれの立場や仕事内容等によって、得意分野も大きく異なっています。例えば「年金に強いFP」や「保険に強いFP」、「老後の資産形成に強いFP」といった具合です。その分、不得意分野についてはそれほど強くない、という人もいます。また経験値や知識量にも差があります。そのため、相談したい分野や内容によっては、複数のFPを訪ねてみる方が良いかもしれません。

国家資格と民間資格の2系統 FP資格の種類と取得方法

FPの資格には次のような種類があります(下表参照)。
ひとつは、国家資格である「FP技能士」で3級・2級・1級と3段階の資格があります。この資格は一度合格すると有効期限がないので、ずっと資格を維持できます。
そしてもうひとつは民間資格で、「特定非営利活動法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会(日本FP協会)」が資格認定をする「AFP」(ほぼFP技能士2級に相当)と、よりレベルの高い「CFP®」(同前1級相当)の資格です。こちらは定期的に資格更新のために受講をして単位を取得する必要があり、最新情報を学び続ける機会があります。同協会によると全国の資格保持者数はAFP約16万人、CFP®約2万人となっています(2019年2月現在現在。日本FP協会ホームページより)。なお、FP技能士1級やCFP®は非常に高度な資格であり、一定期間以上の実務経験や、より難易度の高い試験に合格する必要があります。

FPの資格について

身近な悩みでも気軽にFPへ相談を ただし、FPの得意分野に注意

FPに相談できることは、上の表にあるように、家計管理、老後の生活設計、教育資金、社会保険、住宅資金……と、非常に多岐にわたっています。ただし前述したように、FPによって得意分野が異なる点にご注意ください。

なお、FPに相談するのはハードルが高いと感じる人もいるかもしれませんが、全くそんなことはありません。例えば「全然貯金ができないけれど、どうすればいいの?」という身近な問題でも、気軽に相談して良いのです。ひとりで考えるよりも、FPに相談する方が素早く解決手段を得られます。若い人や収入が少ない人でも、遠慮なく活用していただきたいと思います。FPの方々にとっても、学んだ知識を活かせるのは嬉しいものなのですから。

もっとも、気軽に相談して良いと言われても、「FPに相談したらお金がかかるのでは?」と心配されている方もいらっしゃるでしょう。実は無料/有料、どちらのパターンもあります。

有料で相談を受けているFPについては、中立であり、高度で総合的な知識を持っている専門性の高い人たちです。特に資産形成や家計全体の総合的な相談に適していて、非常に心強い存在と言えます。実際に、自分に合ったFPを見つけるのは難しいかもしれませんが、そんな時には、例えば「マネー講座」等、FPが講師になっているセミナーにまずは参加して、自分に合うかどうか見定めるのも、ひとつの方法です。こうしたセミナーは無料/有料どちらもありますが、有料の場合でもそれほど料金は高くはないのが一般的です。ぜひ活用してみてください。

あくまで無料の方が良いと思う人は、保険会社や保険代理店・金融機関等で営業や窓口をしているFPに相談しましょう。相談だけなら基本的に無料です。もちろん、保険や金融商品を販売することが彼らの仕事ではありますが、せっかく無料で相談にのってくれるのですから、これは上手に活用する方が得策です。
特に保険についての疑問や保険選びで迷った時は、FPに相談するチャンスです。現在加入している保険の内容がよくわからない、家族の加入中の保険で必要な保障が備えられているのか知りたい等、保険に関することなら、遠慮なく保険会社や保険代理店のFPに相談しましょう。また、この先も長く自分を担当してくれるFPが決まると、その後も折に触れて、困った時に相談しやすくなります。

お金について迷った時や心配な時、いつでも気軽に相談できる専門家が身近にいると、解決が早くなるだけでなく、安心を得られるという意味でも本当に助かります。FPの役目は、正にその点にあるので、これを機会にぜひ、これまで以上にFPを有効活用していただければと思います。

 

執筆者
森田 直子 (もりた・なおこ) Naoko Morita
保険ジャーナリスト。㈲エヌワンエージェンシー代表取締役。保険専門の執筆家で実績多数。庶民的な文体に定評がある。