家族の老後については、まだまだ先のことと思いがちです。でも、あらかじめ考えておけば、きっと将来の安心につながります。遠い未来の20年後、30年後のことを、具体的に考えるコツをお伝えします。

退職金で老後の生活はまかなえますか?

マニュライフ生命のプランライト・アドバイザーが家族の老後に関してご相談いただくのは、例えば退職金のことです。退職金で、老後の生活はどれくらいまかなえるのかといった内容です。その他、今のマイナス金利で、将来の老後の資金についてのご相談などがあります。まずは、ご自身の退職金規程について、調べることから始めてみてはいかがでしょうか。

お互いの老後について考える

いつ頃から家族の老後への備えを始めたらよいでしょう? ご家族によっていろいろなケースがありますが、お子さまが生まれる前に備えを始めることをおすすめします。お子さまが生まれると、子育てに追われ、ご自身の老後への備えが後回しになりがちです。計画的に資金の準備を始めましょう。

老後と言っても60歳からと考える方もいれば、70歳からと考える方もいます。資金の短期·中期·長期の区別を早い段階できちんと決めておくことが大事です。

20年後、30年後のことをイメージするのはなかなか難しいかもしれません。でも「20年後、30年後、あなたはどんなふうになっていたいですか」と訊かれると、具体的なイメージが浮かんでくるのではないでしょうか。

夢や理想から思い浮かべてイメージしてみてください。例えば、「子どもの高校は私立に通わせたい」などのお子さまに対する夢や、「子どもが大きくなったら夫婦で海外旅行に行きたい」「ゆっくり温泉に行きたい」などの老後に対する夢からイメージを膨らませて、資金の短期·中期·長期の区別を決めていきましょう。

5年刻みでしっかり将来を見つめて

歳を重ねていく中での目標設定は、10年ではなく、5年刻みで考えていくことがイメージしやすいかもしれません。老後の貯蓄も、5年ごとであれば自分のモチベーションを保ったまま、しっかり目標を見定めていくことができるのではないでしょうか。

マニュライフ生命では、お客さまに将来について書き込んでいただけるツールをご用意しています。ツールを使って、夢を、家族の年齢などとともに可視化することで、目標を具体的に定めていくことができるでしょう。そのツールは、お客さまがお持ち帰りいただけます。保険証書などと一緒に大切に保管いただき、ときどき見ることでリアルにイメージして、ぜひ夢を叶えていってください。

マニュライフ生命のプランライト・アドバイザーは将来にわたってお客さまに寄り添うアドバイザーとしての役目を果たせると考えています。

 

MLJ(BMC)18110993