野外レジャーやお祭りなどで大量に消費される使い捨て食器のごみ問題を解決する「食べられるお皿」が、話題を集めています。

ポーランドの企業によって開発された「BIOTREM」は、小麦を精製する際に除去される小麦ふすまと水だけで作られた食べられるお皿。小麦ふすまには食物繊維が豊富に含まれています。

また、土に埋めると30日で完全分解し、肥料として自然に還ります。土に埋めなければ繰り返し使うことも可能で、オーブン調理や液体を入れても問題ありません。

現在はヨーロッパを中心にアメリカなどで購入可能。アジア市場でも少しずつ購入可能な地域が広がっています。環境に優しい食べられるお皿をきっかけに、環境問題や未来の生活について考えてみては?

BIOTREM
http://biotrem.pl/en/