「契約日から一生涯、死亡保障が継続」 終身保険の一般的な特徴と活用目的

終身保険とはその名の通り、契約した日から一生涯(=終身)にわたって死亡保障が続く保険のこと。貯蓄性も兼ね備えているため資産形成の手段としても活かすことができる、活用範囲の広い保険です。しかし、ひと口に終身保険と言っても、実際には複数の種類があり、それぞれに特徴が異なります。そこで今回は、そんな終身保険の種類ごとの特徴や、知っていると得をする便利な活用術をお知らせしたいと思います。
前述のように、終身保険には「一生涯の死亡保障」に加え、「資産形成の手段」という特徴もあります。それでは具体的に、どのような形で終身保険を活用することができるのでしょうか。それをまとめたのが、以下の表になります。

なお、終身保険は貯蓄性を兼ね備えているため、掛け捨て商品に比べると一般的に保険料は高くなります。小さなお子様がいる一家の大黒柱など、高額保障が必要となるいわゆる「責任世代」の方は、掛け捨ての死亡保険(定期保険や収入保障保険)と組み合わせて活用するのが有効です。

 

最も注目すべきは「低解約返戻金型」 終身保険の主要4タイプについて

終身保険には大きく4つの種類があり、保険料の払込期間についても、「60歳や65歳など一定の年齢まで払うタイプ」の他、「10年・20年など期間を決めるタイプ」、「終身払いタイプ」など、いくつかの選択肢があります(下表及び次頁図参照)。
以下に、各商品の選び方のポイントをまとめました。次頁の図と照らし合わせてチェックしてみてください。ただし、各保険会社とも全ての商品を扱っているわけではありませんので、ご注意ください。

さて、これら数ある終身保険の中で最も注目したいのが、②の『低解約返戻金型終身保険』と呼ばれる商品です。途中の解約返戻率をあえて低くすることで、普通の終身保険よりも保険料が安く抑えられ、払込満了時期が過ぎると返戻率がグッと上昇するという特徴があります。つまり、途中解約せずに最後まで払い続けることで、メリットを最大限に享受できる、ということがポイントです。
老後の資産形成としての活用の他、近年では払込期間を子どもの進学時期に合わせることで、学資保険の替わりとして活用する人も増えています。例えば、親を被保険者として加入することで、途中で親に万一のことがあった時に一般的な学資保険よりも多い死亡保険金が受け取れるメリットがあります。また、一部活用しなかった資金を据え置いて保障を残す選択も出来るなど、教育資金の積み立てと同時に、複数のメリットがあり、使い道が広い点も人気の理由です。

 

「低解約返戻金型」ほど、有用性UP 相続対策としての終身保険

前述の通り、一般的に終身保険は相続対策としても活用することができますが、保険料が比較的安い低解約返戻金型終身保険の場合、その有用性はより高いと言えます。保険で相続対策することのメリットにはどんなものがあるのか、代表的なものを紹介しておきましょう。

 

専門家にきちんと相談を 商品選び&活用時の注意点

低解約返戻金型の商品は保険料の払込期間中に途中解約すると大きく損失が出ますので、最初から無理のない予算で活用することが一番重要なポイントです。
また、同じ低解約返戻金型の商品でも、各社商品によって、強みや特徴に違いがあります。例えば、非喫煙者や健康体の人に割引がある商品や、特定の傷病の際に以降の保険料払い込みが免除となる「払込免除特則(特約)」の条件の範囲や、払込免除となった以降の解約返戻金にも違いがあります。さらに年齢性別によって保険料や返戻率が異なります。こうした点を、総合的に見比べて選ぶこともポイントです。
このように、終身保険は様々なタイプの商品がありますので、しっかり専門家のアドバイスを貰ったうえで上手に活用するよう心がけましょう。

 

執筆者
森田 直子 (もりた・なおこ) Naoko Morita
保険ジャーナリスト。㈲エヌワンエージェンシー代表取締役。保険専門の執筆家で実績多数。庶民的な文体に定評がある。