その華やかさから贈り物として好まれてきた花、バラ。6月に見頃を迎えるバラを楽しむことができる美しい日本のバラ園をご紹介します。

岐阜県・可児市の花フェスタ記念公園は、ナゴヤドームおよそ17個分(80.7ha)の土地に約7,000品種 30,000株のバラが植えられているバラ園。春のバラまつり期間中には、誰でも参加可能なバラの写真コンテストも開催されています。

大阪府・北区の中之島公園の中央に位置するバラ園は、美しいバラとオフィス街ならではのビル群の絶妙なコントラストが魅力。また、縦に長い公園は堂島川と土佐堀川に挟まれており、両岸や船から眺めるバラも格別です。

千葉県・八千代市の京成バラ園は、「世界に誇れるバラの作出と日本のバラ文化を広めたい」という思いから、1959年に設立されました。園内にはバラを中心に様々な花や樹木が植えられています。バラは系統別にアーチやポールなどで演出され、目で、香りでバラの美しさを感じることができます。

他にも、南ヨーロッパ風の園内に咲くバラが印象的な兵庫県・伊丹市の荒牧バラ公園や、藤の花でも有名な栃木県・足利市のあしかがフラワーパーク、横浜港にたたずむ氷川丸を背に花を観賞できる神奈川県・横浜市の未来のバラ園など、足を運んでみたくなるようなバラ園が日本にはたくさんあります。優美なバラを堪能しに出かけてみては?