東急世田谷線の松陰神社前駅にあるコロッケ専門店「All About My Croquette(オールアバウトマイコロッケ)」のオーナーを務める根本周(ねもとしゅう)さんは、広告代理店から出版社の代表を経て、2016年に自身の店を立ち上げました。

「もともと母がつくるコロッケが大好きで、店で買う習慣があまりなかった」と語る彼がコロッケ専門店を立ち上げようと考えたきっかけは、出版社の仕事で料理家さんの変わりダネのコロッケレシピを雑誌に掲載したときのこと。ユニークでオリジナリティあふれるコロッケが売っていたら買いに行きたいと感じたそうです。
「コロッケを通して様々な情報を世の中に伝えていきたい」という言葉は、専門性の高い雑誌づくりに携わっていた根本さんだからこそ発せられる言葉。「美味しい」という気持ちだけで老若男女、多種多様な人が共有できる「食」を中心として、日本の伝統種の野菜や地方の情報を伝える「食べられるメディア」としてのコロッケの可能性を模索しているのです。
地域に根付いた間口の広いコロッケ専門店で、「ニッポンの食卓を、ちょっとハッピーに」という大きな夢を掲げる根本さんの“Life 2.0”とは?

All About My Croquette
http://aamc.jp/