2月3日は節分。無病息災を願い豆まきで鬼退治をしたり恵方巻きを食べたりと、古くから親しまれている伝統行事です。しかし、節分の風習はそれだけではありません。全国各地にさまざまな風習があることをご存知ですか? 地域差があるご当地節分をご紹介します。

北海道・東北・信越地方では、大豆ではなく落花生で豆まきをする風習があります。「雪の中でも拾いやすく掃除が簡単」「大豆は夏の豆だが、落花生は秋冬の豆。栄養価が高いので寒い地域で好まれる」などの理由から殻付きの落花生をまくようになり、雪の多い北海道や東北、信越地方に広がったといわれています。

奈良県など西日本各地では、魔除けのために節分に鰯を食べる習慣があります。鰯は焼くと煙が立ちやすく、昔から煙は邪気=鬼を払うといわれているためです。また、焼いた鰯の頭を柊の枝に挿した「柊鰯(ひいらぎいわし)」を玄関に飾る地域もあります。柊の葉のトゲが鬼の目を刺すので鬼が入らなくなるといわれており、平安時代から行われていたと伝えられています。

豆まきの掛け声といえば「鬼は外、福は内」が定番。しかし、奈良県元興寺など鬼を神様として祭っている寺社や地域では、「福は内、鬼は内」と鬼を招き入れる掛け声をします。

地域によって他にもさまざまな風習がある節分。あなたの地域にはどんな風習がありますか? 全国のご当地節分を体験し、家族で楽しめる伝統行事として後世に伝えていきましょう。

※各地の風習には諸説あります。